アソビコンシェルジュ

アウトドアライフを12倍充実させる方法

河原 彰志先生

河原 彰志 フォトグラファー/ビデオグラファー

広告作品からアート作品まで、
撮影だけでなく楽曲制作から動画編集まで
マルチにこなす新進気鋭のクリエイター。

趣味で始める人が増加中!
ドローンで空撮に
チャレンジしてみよう!

  • 僕が普段使用しているドローンは「DJI Mavic Air」です。見ての通りサイズ感は超コンパクト!iPhone XSのひと回り大きいくらいで、入れようと思えばポケットにも入ります。(本当です www)
    折りたたんで持ち運べるので遠方の撮影でも荷物にならないから重宝してます!また画質も超高画質の4K30fpsで満足のいく画が撮れます。

  • 専用のリモコンに自分のiPhoneを取り付けて離陸準備をします。操作には「DJI GO4」というアプリをインストールする必要があります。あとは手順に沿って接続するだけで簡単にできますよ!よく利用される方はドローン専用のスマホをご用意されることをオススメします。仕事兼用ですと操作中に電話がかかってくることも・・。飛行中不安になります 苦笑

  • 今日は少し風が強かったんですが、
    そんな風なんてなんのその、大空高く飛び立ちます!
    操作も難しくないので、誰でも簡単に空撮動画が撮影できます。

  • 山登りやスキー場などで飛ばしてみると、普段みることのできない臨場感ある光景を撮影できますよ!

  • そしてこんな遊びも・・(ひとりでやってるんで寂しい人みたいですが)
    これはドローンが人物を検知して自動で追跡してくれる機能です。

  • 簡単ではありますがいかがでしたでしょうか。ドローンの使用に際しては法律を必ず守って行う必要がありますので、利用には制限がありますが、ドローンを大空で自在に操作することはとても楽しく、また普段見ることができない景色を見ることができます。
    最後に、ドローンは充電バッテリーの持ち時間が非常に短いので予備のバッテリーを購入しておくことをオススメします!

記事一覧