【グレード比較】マツダ 2代目フレアクロスオーバーのXG、XT、XSの違いは?

お気に入りの中古車一覧

SUVバイヤーズコラム

【グレード比較】マツダ 2代目フレアクロスオーバーのXG、XT、XSの違いは?

2021.05.15


【グレード比較】マツダ 2代目フレアクロスオーバーのXG、XT、XSの違いは?


マツダ フレアクロスオーバーは、スズキの軽クロスオーバー SUV「ハスラー」のOEMモデルです。


2020年1月に、現行型となる2代目にフルモデルチェンジしました。


ハスラーとはグレード名が異なりますので、それぞれの装備や特徴が気になるところではないでしょうか?


今回は現行型フレアクロスオーバーのグレードをそれぞれ解説していきます。



■シンプルな装備ながら安全装備は充実のエントリーグレード:XG



【グレード比較】マツダ 2代目フレアクロスオーバーのXG、XT、XSの違いは?


フレアクロスオーバーは、全車ISG(モーター機能付発電機)を搭載したマイルドハイブリッドで、エントリーグレードのXGはエンジンがNAとなります。


トランスミッションはCVT、駆動方式は2WDとフルタイム4WDが選べます。


ヘッドライトはハロゲンで、電動格納リモコン式カラードドアミラーは装着されますが、オート格納機能とLEDサイドターンランプは装着されません。


【グレード比較】マツダ 2代目フレアクロスオーバーのXG、XT、XSの違いは?


エントリーグレードではありますが、全車デュアルカメラブレーキサポート、誤発進抑制機能(前・後進時)、後退時ブレーキサポート、車線逸脱警報機能、ふらつき警報機能、標識認識機能など先進安全運転支援機能が搭載され、安全装備の充実したモデルとなっています。


タイヤサイズは15インチで、スチールホイールの装着となります。


2WDと4WDの装備の違いですが、4WDにはスノーモード、ヒルディセントコントロール、グリップコントロール、フロントベンチレーテッドディスクが搭載されます。


リアスタビライザーは2WDのみの装備です。



■充実した装備と上質な内外装の中間グレード:XS



【グレード比較】マツダ 2代目フレアクロスオーバーのXG、XT、XSの違いは?


XSのエンジンとトランスミッションは、XGと同じくNA+CVTとなります。


ライト類はLEDヘッドランプ、LEDポジションランプ、LEDフォグランプで、夜間や悪天候時の走行で安心感が違います。


IRカット機能付フロントガラス、スーパーUV&IRカットガラス(フロントドア)が装備されますので、夏の時期のドライブが非常に快適になります。


ドアミラーにはオート格納機能とLEDサイドターンランプが付きます。タイヤサイズはXGと同様15インチですが、アルミホイールが装着され、足元がおしゃれになります。


【グレード比較】マツダ 2代目フレアクロスオーバーのXG、XT、XSの違いは?


インテリアは、サテンメッキのエアコンルーバーアクセント、ピアノブラックのシフトパネル、ドアトリムクロス、本革巻ステアリング&シフトノブ、リッド付インパネアッパーボックス、シートバックポケット、6スピーカーという仕様となります。


内外装の質感が一気に向上しますので、ドライブの気分を高めてくれます。


安全装備については、標準装備はXGと同じですが、全方位モニター用カメラをオプションで選ぶことができます(ショップオプションの全方位モニター付ナビゲーションを装着する必要あり)。



■ターボエンジンでゆとりの走りが楽しめる上級グレード:XT



【グレード比較】マツダ 2代目フレアクロスオーバーのXG、XT、XSの違いは?


XTはエンジンがターボで、トランスミッションは7速マニュアルモード付CVTとなります。


基本的な装備はXSとほとんど同じですが、安全装備は車線逸脱抑制機能が搭載されます。


これは、車線逸脱の可能性が高いとシステムが判断した場合に、車線逸脱方向へのステアリング操作を促し、車両を車線の内側に戻るようサポートしてくれる機能です。


また、TV用ガラスアンテナ、GPSアンテナ、USB端子が標準装備。


フロントベンチレーテッドディスクブレーキは2WDモデルでも装備(XG、XSは4WDモデルに装備)されます。



■至れり尽くせりの豪華仕様が嬉しい特別仕様車:XSスペシャル、XTスペシャル



【グレード比較】マツダ 2代目フレアクロスオーバーのXG、XT、XSの違いは?

※画像はハイブリッドXSです。


2021年3月に追加された特別仕様車です。


こちらはXSとXTをベースに、内外装に特別装備を施したモデルです。


エクステリア(外装)での大きな違いは、ルーフレールと専用デザインのメッキフロントグリルが装着されることです。


ルーフレールはドレスアップにもなりますが、アウトドアレジャーがお好きな方にとっては嬉しい装備ですね。


また前後バンパーのガーニッシュはスチールシルバーメタリックに、そしてフロントフォグランプガーニッシュとアウタードアハンドルはメッキ仕上げとなり、上質感のあるエクステリアに仕上がっています。


インテリアは、ドアトリムクロスがブラックレザー調に、そしてインサイドドアハンドルがメッキ仕上げとなっています。


シート表皮はファブリック&一部ブラウンレザー仕上げでモダンな雰囲気が楽しめます。


さらに、フルオートエアコンは除菌や脱臭に効果があるナノイー搭載、また360°スーパーUV&IRカットガラス仕様で、ドライブをさらに快適にしてくれます。


XSスペシャルとXTスペシャルの装備はほとんど同じですが、XSスペシャルはNAエンジン搭載で2WDのみ、XTスペシャルはターボエンジンで4WDのみというラインアップになります。



■価格と装備のバランスが良いXSがおすすめ



エントリーグレードのXGと他のグレードでは装備がかなり異なりますが、XSとXTは装備内容にほとんど違いはありません。


エンジンがNAでも良いという方は、XSでも十分快適で、価格と装備のバランスが良いグレードです。


特別仕様車はオプションでも選べないルーフレールやナノイー付フルオートエアコンといった特別な装備内容となりますので、フル装備でフレアクロスオーバーが欲しい方におすすめです。



フレアクロスオーバーの中古車情報を見てみる

SUVバイヤーズコラムの一覧に戻る

トップへ戻る