関連記事

ランクルとランクルプラドはどう違う?

2017.12.22

トヨタから発売されるランドクルーザーと、ランドクルーザープラド。同モデルとも、ランドクルーザーという名前がつきますが、現在はボディサイズとエンジン、価格も異なるモデルです。

 

さて、ではどのような違いがあるのでしょうか。ランドクルーザーの歴史を調べるとともに、違いを説明していきたいと思います。

 

 

販売開始はいつ頃からでしょうか?

 

1954年に発売開始されたランドクルーザーは、数度のモデルチェンジを経て現在(2017年12月)のモデルとなります。現在のモデルは200系と呼ばれ、2007年より発売されています。

 

 

対して、ランドクルーザープラドは、70系ランドクルーザーのワゴンとして1984年に発売されたのが始まりです。1996年より、ランドクルーザーという名前のまま、基本骨格をハイラックスサーフと同じものにしています。現在のモデルは2009年より発売され、2017年に2度目の大幅なマイナーチェンジを行いました。

 

 

ボディサイズなどは結構違うんです。

さて、現在発売されているランドクルーザーおよび、ランドクルーザープラドのスペックの比較です。

 

まずボディサイズですが、ランドクルーザーは次のようになります。

全長×全幅×全高mm、4950×1980×1870

 

次にランドクルーザープラドです。

全長×全幅×全高mm、4825×1885×1850

 

ランドクルーザープラドでもかなり大きなサイズですが、ランドクルーザーに比べると一回り小さな感じがしますね。全長、全幅ともに10cmずつ短いサイズです。

 

 

エンジンの排気量も両モデルとも異なります。ランドクルーザーが4.6リッターV8ガソリンエンジンを積むのに対し、ランドクルーザープラドは2.7リッター直4ガソリンエンジン、2.8リッター直4ディーゼルエンジンの2種類のエンジンが選べます。

 

このようにして、両モデル比べると排気量の違いも大きいですね。これまで、ボディサイズとエンジンの違いをあげてきましたが、価格はどうでしょう。

 

各モデルのエントリーグレードの価格と最上位グレードの価格を比較してみました。

 

ランドクルーザー GX 4,728,240円、ZX 6,836,400円

ランドクルーザープラド TX 3,538,080円~ TZ-G 5,363,280円~

エントリーグレード同士の比較で、120万円ほど、最上級グレードで150万円ほどの差がありますね。

ボディサイズやエンジンの排気量、価格の差はありますが、両モデルとも4WD性能に関しては抜群です。国内いや、世界を見渡してもライバルはいない孤高の存在かもしれません。

 

街乗りメインとして設計されたSUVとは比較にならない、本格的な悪路走破性能を両モデルとも持ち合わせています。ランドクルーザーはダカールラリーでの市販車無改造クラスで何度も優勝していますが、ランドクルーザープラドも2012年、2013年のダカールラリーでランドクルーザーの優勝を阻止します。走破性の高さはダカールラリーの結果が物語っていますね。

 

日常生活でそこまでの悪路走破性が必要かどうかは置いといて、万が一の時に役に立つ性能は心強いです。せっかく最高のスペックを持ったSUVに乗っているのなら、たまにはオフロードコースなどに持ち込んで、泥だらけにして遊ぶのもいいんじゃないでしょうか。性能のほんの一部でも垣間見ることが出来ると思います。

 

 

ぜひ一度、ランドクルーザーとランドクルーザープラドの両車に直接触れて乗ってみることをお勧めします。いざ乗ってみるとその違いがわかるでしょう。

 

 

➡ランドクルーザー・ランドクルーザープラドの高品質中古車をチェック!!

関連記事の一覧に戻る