関連記事

グレード別比較!ランドクルーザー プラドのインテリア装備の違い

2017.12.22

トヨタを代表するSUVの一つでもある、ランドクルーザープラド。

グレードによってインテリアや装備も異なってきます。今回はランドクルーザープラドのグレード紹介と装備や特徴に関して説明していきたいと思います。

 

まずランドクルーザープラドの紹介ですが、現行モデルは2017年にマイナーチェンジを行いました。ヘッドライト周りのデザインが変更されたところが大きな変更点ですね。

 

 

・グレードごとの外観の違い

 

ランドクルーザープラドのTXおよびTX Lパッケージには、17インチのシルバー塗装のアルミホイールが標準装備されます。TZ-Gには19インチの切削光輝+ダークグレーメタリックのアルミホイールが標準装備されます。

 

グレードごとにワイパーの機能が異なります。TZ-GとTX Lパッケージが雨滴感知式になるに対し、TXは時間調整式ワイパーとなります。

 

ドアミラーに関しても見た目は変わりませんが、TZ-G、TX Lパッケージはリバース連動機能付きオート電動格納式ミラーとなります。TXについては、電動格納式となります。

 

・インテリアや内装装備の違い

 

 

ステアリングホイールについてですが、TXが、ウレタンステアリングになるのに対して、TX Lパッケージは本革巻き、TZ-Gは本木目+本革巻きとなります。シフトノブ、パーキングブレーキレバーに関しても、TX以外のグレードは本革巻きとなります。

 

シート生地に関しては、TXはファブリック、TZ-G、TX Lパッケージは本革シートとなり、パワーシートや快適温熱シート+シートベンチレーション機能が装備されます。

快適温熱シートとは、シートヒーターのことで冬場に役に立ちます。シートベンチレーションはシートに風を通すことによってシートの蒸れを防ぎます。

 

インパネの真ん中に位置する、センタークラスターパネルですが、TZ-Gに関しては金属調ヘアラインが施されます。

TZ-G、TX Lパッケージには、センタークラスターサイドニーパッドが本革+ステッチ付となります。インナードアハンドルに関しても、TXはブラックとなるところを、TZ-GとTX Lパッケージはシルバー塗装となります。

 

 

・走行性能の違い

 

外観やインテリア以外には、次のような走行性能に関する違いがあります。

 

走行時や車庫入れの際などに役に立つクリアランスソナー&バックソナーは、TZ-Gには標準装備されますが、TX、TXLパッケージに関してはオプション装備となります。 AVS&リア電子制御エアサスペンション(パワーステアリング連動)、KDSS(キネティックダイナミックサスペンションシステム)、ドライブモードセレクト(COMFORT/ECO/NORMAL/SPORT S/SPORT S+)、リアLSDに関しては、TZ-Gにのみ標準装備されます。

 

様々な装備が満載かつ豪華なTZ-Gに対して、シンプルな装備のTX。これらを踏まえると、高級で豪華なSUVが欲しくて、悪路走破も全て車に任せたいという方に向いているのはTZ-Gですね。

 

豪華装備は不要という方に向いているのがTXだと思います。走行性能はTXで十分だけど、本革などの豪華装備は付けておきたいという方には、TX Lパッケージをお勧めします。

 

ランドクルーザープラドは、基本性能がかなり磨かれたモデルです。装備の違いはあれど、基本的な実力はどのグレードも変わりないはずですので、装備などの好みで選択しても問題ないと思います。

 

最終的にはお財布との相談ですね。

 

 

➡前期も後期も特別仕様車も!プラドをお探しならSUV LANDの在庫をまずチェック!

関連記事の一覧に戻る