関連記事

これならなんでも載せられる!国内最大級のSUV、ランクルの荷室の広さをチェック!

2019.03.02

トヨタ ランドクルーザー

トヨタ ランドクルーザー ZX サンルーフ 後席モニター モデリスタエアロ 2016

 

トヨタ ランドクルーザーは、フルサイズでラダーフレームを採用した本格的なSUVです。未開の地でも走行できる走破性と、十分な積載性は、アドベンチャーツアラーには不可欠な要素ですが、ランクルはどのくらいの荷物を積むことが出来るのか、また積み込みやすさについても紹介していきます。

 

 

クラウン ハイブリッドの2倍の荷室容量

トヨタ ランドクルーザー ZX サンルーフ 後席モニター モデリスタエアロ 2016

 

荷室容量は、8人乗りフル乗車の場合、コンパクトハッチ程度の259L(VDA方式)ですが、サードシートを収納した5人乗車では701Lと、クラウン ハイブリッド(352L)のほぼ倍の容量を確保できます。

 

・8人乗りモデル
8人乗車時(通常時) 259L
5人乗車時(サードシート収納時) 701L
2人乗車時(サード&セカンドシート収納時) 1,267L

 

・5人乗りモデル/GX
5人乗車時(通常時) 909L
2人乗車時(セカンドシート収納時) 1,431L

 

サードシートは、跳ね上げ式で簡単に収納・固定が出来ますが、ZX系がスイッチを押すとワンタッチでスペースアップ状態となるセミパワー式、AX系は手動で収納を行なうマニュアル式という違いがあります。どちらの方式でも、ヘッドレストは中央席のみ外し、別に格納する必要があります。

 

 

ZXはオプションにパワーバックドアを用意

 

ZXにメーカーオプションで設定されるパワーバックドアは、スイッチひとつでバックドアを開閉できる機構です。オートクローズ作動中にドアハンドルのセンサーに触れるか、スマートキースイッチの操作だけでクローズ後の自動施錠もできる予約ロック機能も採用されています。

 

 

➡トヨタ ランドクルーザーの中古車を探す!

 

 

6:4分割でスライド・タンブルが可能

トヨタ ランドクルーザー ZX サンルーフ 後席モニター モデリスタエアロ 2016

 

8人乗りのセカンドシートは、6:4分割でスライド・タンブルが可能な分割可倒式ですが、シートバックに関しては4:2:4分割のリクライニング機能付き。ZXグレードのみパワースライド機構付きです。

 

一方、5人乗りのGXは、シートバック、スライド・タンブルともに6:4分割です。

 

シートバックの違いによるシートアレンジについて紹介します。

 

8人乗りでは、シートバックが4:2:4分割になるので、センター部分をアームレストとして使うことが可能です。同じ側のセカンド&サードシートを前倒しすれば、それぞれのシートバックを利用して、長尺物を水平に積載することもできるほか、サードシートをスペースアップ、セカンドシートを片側のみタンブルさせれば、3名乗車で多くの荷物を積むことが可能となります。

 

5人乗りのGXでは、6:4の分割のシートバックのためアームレスト機能がありません。しかし、サードシートが無いぶん、荷室容量が大きくなります。ちなみにセカンドシートは、8人乗り、5人乗りともに、90mmのスライドが可能です。

 

 

ZX、AXグレードはオプションでクールボックスを用意

トヨタ ランドクルーザー ZX サンルーフ 後席モニター モデリスタエアロ 2016

 

悪路に強いランドクルーザーでも、いまや小物や飲み物の収納は欠かせません。センターに2段式コンソールボックス、フロントシートに2個セカンドシートに2個、サードシートに4個のカップホルダー、サングラスなど収納可能なオーバーヘッドコンソール、その他サードシートの両サイドに、クォータートリムラゲージ&ポケットが装備されます。

 

グレードによる違いはそれほどなく、ZX、AXグレードのみオプションでクールボックスが選択できます。メーカーオプションは購入後に装着はできないので注意が必要です。

 

サードシートを使用した状態の積載性は、それほど大きなものではありません。しかし、サードシートを跳ね上げた状態、また5人乗りモデルでは広大な荷室スペースが確保されています。特に5人乗りのGXグレードは、サードシートのぶん荷室容量も大きくなります。

 

 

荷物の積載量で、グレード選択を考えるのもいい方法かもしれないです。

関連記事の一覧に戻る