関連記事

ハリアーのガソリンモデルとハイブリッドモデル…どちらが買い?

ASOBI CONCIERGE2017.12.22

トヨタ ハリアーはトヨタを代表するミドルクラスSUVで、2017年現在販売されている現行モデルは3代目となっており、初代から売れ続けている人気ある車です。

 

 

ハリアーの駆動型式は2WD(FF)と4WDがあります。

それぞれ、ガソリンモデルとハイブリッドモデルがあり、ガソリンモデルはNAエンジンとターボエンジンがあります。排気量に関しては、NA、ターボともに2.0リッターで、ハイブリッドモデルは2.5リッターとなります。

 

価格に関しては、2.0NA、2.0ターボ、ハイブリッドの順で高くなります。

参考までに新車価格は以下の通りです。

2.0NAガソリンモデルは2,949,480円~

2.0ガソリンターボモデルは3,380,400円~

ハイブリッドモデル3,774,600円~

 

 

燃費に関して2WD同士での比較ですが、JC08モードで2.0NAは16.0㎞/l、2.0ターボは13.0㎞/l、ハイブリッドは21.4㎞/lとなります。

 

ハイブリッドの燃費はいい数値ですが、車両の価格が他のエンジンモデルよりも高いため燃費で元をとることは難しいかもしれません。あくまでも静かでパワフルで燃費がいいという、高級モデルという位置づけとして考えておいた方がいいかもしれません。

 

ただし価格が高い分、静粛性は抜群なモデル。対して、ターボモデルは、パワーはかなりありますがその分燃費はハイブリッドモデルに見劣りします。スピードや加速重視という方にお勧めのモデルですね。なお使用ガソリンについては、2.0ターボエンジンのみハイオク仕様で、他のモデルはレギュラーガソリン仕様となります。

 

さて、どのエンジンモデルがお買い得なのかについてですが、購入時の価格だけでみるのであれば2.0リッターNAガソリンモデルが一番の買いでしょう。ただし、パワーに不満を感じてしまう人もいるので、そういう方には2.0リッターターボエンジンがお勧めです。

 

ハイブリッドモデルは、お財布に余裕がある場合のみに選択肢として考慮すればいいと思います。

ハイブリッドモデルは低燃費ではありますが、よほどの距離を走行しない限りガソリン代で元(もと)をとることはできないでしょう。前述したように、優れた静粛性やパワー、低燃費全てを手に入れたい場合にはハイブリッドモデルをお薦めします。

 

 

では、ハリアーの売却や下取りを考えた時にどのモデルを購入するべきかですが、2017年時点では2.0NAモデルがいいと思います。

外国でも人気があるモデルで、特に2.0NAの4WDモデルの人気が高いようです。ですので、その条件に該当するモデルを購入しておけば、数年後の売却を考えても値が落ちにくく得をした気分になれるでしょう。

 

以上のことを踏まえると、2.0リッターNAガソリンモデルがハイブリッドモデルよりもお買い得だと思います。

もちろん、車に求めることによりモデルは異なります。購入前には車に何を求めるのか整理することをお勧めします。