関連記事

プリウスαの魅力とは?

2019.02.11

トヨタ プリウスα Sツーリングセレクション

 

2011年5月に発売されたプリウスαは、プリウスの派生モデルで、ミニバン要素を盛り込んだ人気モデルです。バリエーションは豊富で、5人乗りや7人乗り、スポーツ性に富んだGRスポーツまでと様々です。

そんな幅広いラインナップのプリウスαの魅力をスポーツモデルのGRスポーツも含めて、紹介していきます。

 

 

ハイブリッドシステム 5人乗りと7人乗りで違う?

トヨタ プリウスα Sツーリングセレクション

 

プリウスαは、5人乗り2列シートと7人乗り3列シートの2タイプを設定しています。乗車人数に応じてハイブリッドシステムが異なるのもプリウスαの特長です。

 

エンジンは最高出力99PS、最大トルク142N・mを発生する1.8L 直列4気筒ガソリンエンジンを搭載し、昇圧コンバーター付パワーコントロールユニット、発電用モーター・駆動用モーターを搭載しています。

 

異なるのが搭載されるバッテリーで、5人乗り用にはニッケル水素バッテリーが搭載され、7人乗りにはリチウムイオンバッテリーが搭載されています。

 

バッテリーによる出力の差はなく、どちらも最高出力82PS、最大トルク207N・mを発生します。ちなみにニッケル水素バッテリーはパワー密度が高く、リチウムイオンバッテリーは小型・軽量であることが特長です。

 

5人乗りの2列シート仕様車にはニッケル水素バッテリーを荷室前方下部に搭載し、7人乗りの3列シート仕様車には、3列目シートのための空間を確保するため、ニッケル水素バッテリーはセンターコンソール下部に搭載されています。

 

 

➡トヨタ プリウスαの中古車を探してみよう!

 

安全装備で安心のドライブ

トヨタ プリウスα Sツーリングセレクション

 

トヨタでは様々な安全装備を開発し、各クルマに投入しています。プリウスαには「Toyota Safety Sense P」が装備されています。

 

その機能は、プリクラッシュセーフティシステム、レーンディパーチャーアラート、オートマチックハイビーム、レーダークルーズコントロールが装備されています。現在のクルマには必須とも言うべき内容が搭載されているので、運転に自信のない方にとっても強い味方と言えるでしょう。

 

また、メーカーオプションにはインテリジェントパーキングアシストなどの用意もされています。

 

 

走りのGRも追加

トヨタ プリウスα Sツーリングセレクション

 

プリウスαは、街中でファミリーカーとして活用するシーンを多く見かけられると思いますが、実は走りを意識したモデルも存在しているのです。それが、S ツーリングセレクション・GR SPORTです。

 

トヨタのモータースポーツ活動を通して培ったノウハウが投入されたモデルで、装備されている内容もスポーツ性を意識しており、エクステリアパーツはもちろん、走りのパフォーマンスに関わるパーツも専用で開発され装着されています。

 

例えば、エクステリアパーツではフロントのアッパーグリルとロアグリルにダークメッキが備わり、スポーティさと華やかさを両立。リヤバンパーのデザインもワイド&ローのスタンスを強調しスポーティーな雰囲気を感じさせます。また専用のホイールを装着。気分を一層高めてくれます。

 

走りのパフォーマンスにおいては、車両下部にスタビライザーブラケット大型一体構造、フロントサスペンションメンバーブレース、フロアセンターブレース、リヤバンパーリインフォースなどを追加し、剛性アップが図られています。

 

さらに、専用にチューニングされたサスペンションが奢られ、約25mmローダウンさせつつしなやかでスポーティな乗り味を目指してチューニングがされています。またホワイトに配色された専用のブレーキキャリパーがワクワクさせる走りを予感させています。

 

GRスポーツ仕様は、ベース車のプリウスα Sツーリングセレクションに約33万円プラスで実現しています。

 

ハイブリッドでちょうどいい大きさのクルマが欲しいという方には最適な提案とも言えるプリウスα。

 

さらにその中から5人乗り、7人乗り、スポーツモデルと自分にあったモデルを選ぶことのできるクルマはなかなかないでしょう。ぜひ一度、ご体感ください。

関連記事の一覧に戻る