関連記事

SUVとミニバンのいいとこ取りをした、デリカ D:5

2019.12.25

ミニバンの使い勝手の良さと快適性を持ちながら、オフロード走行もこなしてしまう唯一無二のモデル、三菱 デリカ D:5。

 

2019年にディーゼルモデルのビッグマイナーチェンジ版が発売されました。

その個性的なフロントマスクに驚いた方も多いと思いますが、走行性能や使い勝手など、中身も非常に魅力的なパッケージングを持っています。

 

そこで、ディーゼルモデルの解説を通して、デリカ D:5の良さや優れた特徴を見ていきたいと思います。

 

 

 

 

 

■ダイナミックシールドに基づいたデザイン


 

ビッグマイナーチェンジで一番話題になったのはデザインです。

基本的なフォルムは一緒ですが、特にフロントマスクは大胆な変身を遂げています。

 

これは、三菱が掲げるデザインコンセプト「ダイナミックシールド」に基づいており、ボディのサイドからフロントに向かって一体感をもたせたうえで、ランプ類の配置を上下に分けて配置することで、力強さと機能性を表現するものです。

 

特に印象的なのは、大型グリルの両サイドに配置された、縦型のLEDヘッドライトです。

他にはないスクエアなデザインで、力強さと機能美を感じさせます。

 

リアのコンビネーションランプはガーニッシュと一体感のあるデザインで、都会的な印象があります。

インテリア(内装)は水平基調のデザインに木目調パネルが配置され、モダンで洗練された印象があります。

ドアトリムやインパネには控えめなメッキ加飾が用いられており、迫力のある外観と比べると、かなり落ち着いた雰囲気になっています。

 

 

☞ボディサイズ:全長4,800mm×全幅1,795mm×全高1,875mm

☞ホイールベース:2,850mm

☞車両重量:1,930kg(ベースグレード M)

☞最低地上高:185mm

 

 

 

 

 

 

■本格的なオフロード走行が可能


 

デリカD:5はミニバンでありながら、三菱独自のAWC(オール・ホイール・コントロール)思想に基づいたパートタイム式4WDシステムを搭載し、本格的なオフロード走行も可能にしているところが大きな魅力です。

 

この4WDシステムは、ドライバーのハンドル操作に対して、各種センサーからの情報をもとに車両の走行状況を判断し、緻密な制御をする4WDです。

走行シーンに合わせて3つのドライブモード、すなわち2WD、4WDオート、4WDロックを選ぶことができ、舗装路、ダート、雪道など路面状況が変化しても、優れた走行安定性を発揮します。

 

デリカD:5のアプローチアングルは21°、ランプブレークオーバーアングルは16.5°、ディパーチャーアングルは23°で、これは一般的なシティユースSUVよりも大きく、本格クロカン4WDに迫る数字です。

 

また、サスペンション形式は前がマクファーソンストラット、後がマルチリンクとなります。

 

 

オフロードも走れるミニバンということで、オンロード、特に高速道路やワインディングではフワフワした乗り心地になってしまうのではないかと思ってしまいますが、意外としっかりしていて、かつ細かな振動もきちんと抑えられる足回りです。

 

搭載されるエンジンは、4N14型 2.2L コモンレール式ディーゼルターボで、最高出力は107kW(145PS)/3,500rpm、最大トルクは380Nm(38.7kgm)/2,000rpmとなります。

 

室内の遮音性が高いため、ディーゼル特有の音や振動はほとんど気になりませんし、下から湧き上がるような力強いトルク感は、オフロード走行でも威力を発揮します。

 

 

何よりも、国産ミニバンでディーゼルが選べるのはデリカD:5だけというのも貴重な存在です。

このエンジンに組み合わせられるトランスミッションは、マイナーチェンジにより6速ATから8速ATに変更になり、燃費の向上に貢献しています。

 

 

燃費

☞WLTCモードで12.6km/L

☞市街地モードで9.9km/L

☞郊外モードで12.7km/L

☞高速道路モードで14.2km/L

 

 

 

 

 

 

■高い安全性能


 

デリカD:5には、レーザーレーダーやカメラ、電波式レーダー、各種センサーを用いた安全装備e-Assistを装備しており、以下の機能が搭載されています。

 

 

●LDW(車線逸脱警報システム)

 前方の車線位置を監視し、車線を外れそうになると警報で注意を促します。

 

●ACC(レーダークルーズコントロールシステム)

 先行者の加速や原則、停止に追従し、設定した車間距離を自動的に保ちながら走行します。

 

●FCM(衝突被害軽減ブレーキシステム)

 衝突の危険性があると判断したときに作動します。

 

●AHB(オートマチックハイビーム)

 状況に合わせて、自動的にハイビームとロービームを切り替えます。

 

●BSW/ALCA(後側方車両検知警報システム(レーンチェンジアシスト機能付))

 斜め後方・隣レーン後方からの接近車両を検知。ドアミラーインジケーターの点灯で存在を告知します。

 

●RCTA(後退時車両検知警報システム)

 駐車時など後退時に、車両を検知すると、警報や画面表示、ドアミラーインジケーターの点滅などでその存在を知らせます。

 

 

BSW/LCA、RCTAはPに標準装備、Gパワーパッケージにオプションとなっていますが、それ以外の機能はディーゼルモデル全グレードに標準装備となっており、予防安全装備も一通り備えています。

 

 

■広い室内空間


 

デリカD:5は、他のミドルクラスミニバンと同様、広い室内空間があります。

 

タイプによって7人乗り、8人乗りを選ぶことができます。

7人乗りはセカンド(2列目)シートがキャプテンシートとなり、シート幅はゆとりのある510mmとなっています。

 

☞室内長は2,980mm

☞室内幅は1,505mm

☞室内高は1,310mm

 

トヨタのミニバン、ノアや日産のセレナに比べると室内高は数値上少し低いですが、シートに座るとそれほど気になりません。

 

小物入れやユーティリティスペースも充実していますし、7人乗りのP、Gパワーパッケージ、Gはオプションで本革シートも選べますから、利便性や質感もライバルに引けを取らないものと言えるでしょう。

 

 

■個性が際立つオプションパーツ


 

デリカD:5には、他のミニバンとは違う、個性的なオプションパーツが豊富にあります。

 

●レッドのマッドフラップ

●ステンレスパイプとアルミプレートを組み合わせたサイドステップ

●アンダーガーニッシュ

●サイドカーテン

●ジョイントクッション

●ワンタッチサンシェード

●プライベートカーテン

●ワンタッチモスキートネット

 

車中泊にぴったりなオプションもあります。

 

また、ヘビーデューティキャリアやスキー&スノーボードアタッチメント、サイクルアタッチメント、樹脂製の防水ラゲッジトレイなど、アウトドアギアの収納には欠かせないオプションも充実しています。

 

 

本格的なオフロードも走れるミニバンという独特なコンセプトで人気の三菱 デリカ D:5ですが、オンロードでも良い乗り心地と優れた使い勝手、高い質感と居住性という、あらゆる走行シーンや使い方でも安心できる、非常に魅力的なモデルです。

関連記事の一覧に戻る