関連記事

トヨタ ライズのインテリアとラゲッジルームの広さをチェック

2020.06.30

2019年11月に発売されたトヨタ ライズは、昨今のSUV人気も相まって、新たなコンパクトSUVとして注目を集めているクルマです。

 

トヨタの軽自動車開発の技術が生かされており、コンパクトながら室内空間もしっかり確保されています。

 

そんなライズのインテリアやラゲッジルームを見ていきましょう。

 

 

■トヨタ ライズはアグレッシブでワクワク感のある運転席周りを紹介


 

 

ブラック基調のインテリアは、シンプルな構成です。

 

コックピットタイプのインパネデザインに、センターコンソールにはエアコン吹き出し口。

 

その上下に大型のマルチインフォメーションディスプレイとエアコン操作パネルを配置。

 

シフトレバーを一段高い位置に置くことによって、SUVらしいワクワクする空間が演出されています。

 

グレード別にみると、エントリーグレードのXや中間グレードのGはウレタンステアリングを採用しています。

 

一方、最上級グレードでは、本革巻きのステアリングを採用しており、上質感があります。

 

フロントシートは、座面長を拡大するとともに、背もたれサイドサポートの角度や座面形状などを見直し、ホールド性が高く、疲れにくい形状となっています。

 

シートのヒップポイントは665mm。31度(俯角+抑角)という運転席からの上下視界も合わさって、見晴らしが良いです。

 

さらに全グレードにシートヒーターが標準装備されている点も見逃せません。

 

ステアリングの位置を調整するチルト機構を装備しているため、さまざまな体格のドライバーに対応できるシートポジションを実現しています。

 

 

■コンパクトでも侮れないリアシートの居住性


 

 

室内は室内長1,955mm×室内幅1,420mm×室内高1,250mmとなっており、全長が4メートル以下のコンパクトSUVとしては広めです。

 

頭上空間は身長178cmの場合でも、フロントシートで120mm、リアシートで50mmのスペースを確保。

 

リアシートでも、窮屈さを感じることはありません。 またフロントシートと後乗車員間の距離は、900mmに設定。

 

6:4分割のリアシートは、大人の男性でも足を組めるほどヒザまわりにゆとりがあります。

 

2段階調節のリクライニング機構も付いており、リアシートの居住性は見た目以上に良いものとなっています。

 

 

■トヨタ ライズの驚きの収納&荷室の広さ


 

 

SUVはその性格上、多くがアウトドアやレジャーに対応できるラゲッジルームの広さが求められます。

 

ライズの場合は、リアシートを使用している状態で、床面長755mm×幅1,000mm×高さ740mm(ラゲッジボード上段時)というサイズで、その容量は369L(VDA法)を確保。

 

2段可変式デッキボードの下には、長さ745mm×幅815mm×高さ215mm(2WDモデルの場合)のアンダーラゲッジがあり、デッキボードを外せば、通常時でも449Lという広いスペースが現れます。

 

このデッキボードは、リアシート背面部分に立てかけられる設計で、積載する荷物の大きさや重さ、高さによって取り外して使うことができます。

 

リアシートを折りたたみ、デッキボードを上段にセットすると、ほぼフラットな荷室となり、乗員の数や荷物の大きさ・量に対して、柔軟に対応できます。

 

室内の使い勝手を左右する収納スペースは、フロントコンソールの左右下部にあるサイドポケットをはじめ、グローブボックス・シートバックポケット・助手席シートアンダートレイ(Xを除く)・フロントコンソールトレイのほか、フロントシートにワンプッシュ式オートオープンカップホルダーとドアポケット&ボトルホルダー。

 

リアシートにドアボトルホルダーなどが用意されています。

 

トヨタ期待の新型SUVライズは、全長4メートル以下のコンパクトSUVであるにもかかわらず、さまざまな工夫によって、快適かつ広い居住空間と荷室容量を確保しました。

 

小さなクルマだからと我慢しなくていい、充実の機能性はまさに新時代SUVのカタチなのかもしれません。

 

 

最新のライズの在庫情報を見る≫

 

 

 

関連記事の一覧に戻る