関連記事

スバル のフラッグセダン、レガシィB4とは?

2020.02.12

 

レガシィB4は、スバルのフラッグシップセダンとして、高い価値観と存在感を追求したクルマです。

 

スバル独自の高次元の走行性能を武器にした、レガシィB4を解説していきます。

 

 

 

■たくましさと俊敏さを備えたエクステリア(外装)


 

 

 

意外に知られていないのですが、レガシィB4の全長4,800㎜×全幅1,840㎜×全高1,500㎜というサイズは、トヨタ クラウンよりも全長が100mm短いだけで、ほかでは全幅、全高ともに上回る堂々たる大きさです。

 

そこに2,750㎜というホイールベースを組み合わせ運動性能を高めています。

 

最低地上高150㎜、車両重量1,540㎏の堂々としたサイズ感です。

 

ノーズコーン構造を採用したフロントのヘキサゴングリルから、ヘッドライト、サイドのキャラクターラインにつながるシャープなデザインは、ダイナミックでソリッドなものになっています。

 

長く伸びたボンネットから、ルーフにつながる流麗なデザインに、トランクリッドは比較的高めの位置に設定。

 

のびやかなセダンのデザインを強調しています。

 

リアにまわるとコンビネーションランプが、クルマのワイド感を演出し、どっしりとした落ち着きを与えています。

 

 

 

 

■上質さと快適さを備えたインテリア(内装)


 

 

 

インテリアはブラック基調の落ち着いた雰囲気。

各所にシルバー加飾を配置し、質感を高めています。

 

横に広がりを持たせたインパネデザインは、室内入ると広さと奥行き感を与え、タイトに見える室内に視覚的、感覚的な広さを与えます。

 

手が触れる部分には、ソフトパッドや本革素材をふんだんに使用し、美しく触り心地の良い内装が、心地よい環境を作り出しています。

 

コクピットは適度な包まれ感を感じることができ、センターコンソルからセンターパネルに集められたスイッチ類は、操作性にも優れています。

 

シートはホールド感とサポート性が高く、クルマの横Gにもしっかりと耐えることができ、正確なステアリング操作をサポートします。

 

 

■シンメトリカルAWD×ボクサーエンジンの安定感ある走り


 

 

 

ボディは、ねじり剛性を48%向上させ、路面からの振動や騒音を低減するとともに、各所に遮音吸音素材を配置したり、フロントウィンドウにも遮音ガラスを採用することにより、フラッグシップセダンとして十分な静粛性を実現しました。

 

特に、ボディ各部の補強や強化によって行われた、音に対する対策は秀逸で、車両重量のいたずらな増加を嫌い、遮音材の配置を最小限にし、根本的な音の低減を図りました。

 

パワートレインは、最高出力129kW(175PS)/5,800rpm、最大トルク235Nm(24.0kgm)/4,000rpmの、2.5L 水平対向4気筒エンジンを搭載。

 

駆動方式は、もちろんAWDで、リニアトロニックがシームレスかつダイナミックな走行フィールを実現しています。

 

サスペンションは、フロントにストラット式、リアにはダブルウィッシュボーン式を採用し、低重心な水平対向エンジン、そしてスバルのお家芸であるシンメトリカルAWDと相まって、高い旋回性能と、直進安定性を感じられる設定です。

 

FRレイアウトのセダンが多い中で、レガシィB4で長きにわたって採用されているシンメトリカルAWDは、セダンに必要な安定性、安心感を高めるとともに、ドライビングプレジャーの感じられるクルマに仕上がっています。

 

 

 

 

■世界トップレベルの安全性能


 

スバルの先進予防安全技術アイサイトは、もちろんレガシィB4にも標準装備されており、サポカーSワイドに該当しています。

 

交通事故ゼロという究極の目標に向かって研究されているアイサイトは、車両前方の予防安全技術はもちろん、後方への衝突回避を加えたアイサイトコアテクノロジーをはじめ、安全運転の支援や視界の拡張を目指したアイサイトセイフティプラスを搭載し、安心感を高めました。

 

衝突被害軽減ブレーキや踏み間違い検知式の予防安全技術はもちろん、疲れにくいクルマの実現のため、全車速追従機能付きクルーズコントロール、アクティブレーンキープ、うっかりを注意する警報&お知らせ機能を充実させ、クルマと人がスムーズに交信しながら、安全性能を高めていく技術を磨いています。

 

クルマは装備や機能を加えることによって、高級感や快適性を高めているという一面がありますが、ときにはクルマの素性をスポイルすることになりかねません。

 

そこでスバルでは、余計なものを加えず、本質を高めていくクルマ作りをレガシィB4で行いました。

 

乗って快適、でも運転もしたくなる、ドライビングプレジャーを忘れさせないレガシィB4は、単に高級ということではなく、クルマを所有する、良いクルマのある生活とはなんなのかを、あらためて語り掛けてくれる存在です。

 

 

 

 

 

レガシィB4の在庫一覧を見る≫

 

 

 

関連記事の一覧に戻る