関連記事

日産 エクストレイルの燃費や維持費ってどれぐらい?

ASOBI CONCIERGE2017.12.22

日産から発売されているSUVのエクストレイルはミドルクラスSUVジャンルに属するモデル。日産を代表する人気SUVモデルでもあります。

ではこのエクストレイルを購入しようと考えた時、燃費や維持費はどうなのでしょうか?

 

 

まずエクストレイルのボディサイズや価格などの情報です。

・ボディサイズ

全長×全幅×全高mm、4690×1820×1740

 

・価格

ガソリンモデル

2WD 2,197,800円~ 4WD 2,404,080円~

ハイブリッドモデル

2WD 2,589,840円~ 4WD 2,796,120円~

 

エクストレイルには2WDと4WDモデルがあり、それぞれ、2.0リッターのガソリンモデルと、ハイブリッドモデルがラインアップされています。

 

駆動方式やエンジンによって燃費は違いますが、それぞれJC08モードの燃費を以下に記します。

・燃費

 2WD ガソリンモデル 16.4㎞/l

 4WD ガソリンモデル 16.0㎞/l

 2WD ハイブリッドモデル 20.8㎞/l

 4WD ハイブリッドモデル 20.0㎞/l

となります。

 

ガソリンモデルとハイブリッドモデルとは4㎞/lほどの差がありますが、2WDと4WDとではあまり差がないのが特徴ですね。

 

 

実際の燃費に関しては、走り方や走る環境によりますが、一般的にはJC08モードの7掛けくらいがそれに相当するといわれています。

その7掛けを踏まえて計算すると、ガソリンモデルで10~12㎞/l、ハイブリッドモデルで13~14㎞/lくらいではないでしょうか。

 

こちらの燃費を元に月々に掛かるであろうガソリン代を計算してみました。

JC08モード燃費をもとに、月1000キロ走ったとして、ガソリン代を算出しています。

(ガソリン代は1リッター140円とします)

 

2.0リッターガソリンモデル

 1000㎞÷16.4㎞/l×140円≒8,500円

20.リッターハイブリッドモデル

 1000㎞÷20.8㎞/l×140円≒6,730円

 

ハイブリッドモデルとガソリンモデルでの月々のガソリン代の差はおよそ1,770円。ガソリン代で元を取るのは相当な走行距離が必要ですね。

 

それ以外に毎月かかるのは任意保険(自動車保険)ですが、これに関しては等級や対象年齢、契約内容によっても変わりますが、月々数千円~となります。自動車保険は、等級が上がるほど値段が安くなり、また年齢が上がるほど基本的には安くなります。全年齢対象で始まりである6等級ですと、かなり額がかかるものでもあります。

 

さて、毎月かかるもの以外の維持費に関してですが、1年に一度の自動車税があります。ガソリンモデルハイブリットモデルともに、2.0リッターですので、自動車税は39,500円です。それ以外に、走り方にもよりますが、ディーラー推奨ですと半年に一度もしくは5000キロごとに一度、オイル交換があります。これに関しても実施するお店にもよりますが、大体1回数千円かかります。

 

次に車検についてですが、新車購入から3年後、それ以降は2年に一度となっており避けては通れないものです。車検に掛かる費用として、数万円かかる検査費用や工賃以外に、法定費用というものがあります。法定費用とは自賠責保険、重量税のことで、自賠責は25,830円(24か月)、重量税はエコカー減税などもありますが、おおよそ1万円から3万円の間と考えていれば大丈夫です。

 

以上のことを考えると、SUVといえども2.0リッタークラスの車であるエクストレイル、重量級なイメージとは裏腹に、燃費もそこまで悪いわけではないので、ごくごく普通に使い倒せる車です。SUVだからといって、維持費に困り、途中で手放してしまうようなことはなさそうなモデルとなっています。