関連記事

日産 エクストレイルと三菱 アウトランダーのスペックを比較!

2018.10.09

日産 エクストレイルと三菱 アウトランダー

日産エクストレイル 20X

2016年、燃費艤装に端を発する問題によって、ルノー日産アライアンスに組み込まれることになった三菱自動車。これにより、ルノー、日産、三菱に3社で、技術を共有、車種の整理・統合が進められることが予想されています、なかでも、日産 エクストレイルと三菱 アウトランダーは、シャシーや技術が統合されることは必至です。

 

日産 エクストレイルと三菱 アウトランダー。発売が開始されたのは、日産と三菱がグループ会社になる以前のことなので、2車はまったく別のモデルです。しかし、次期型はもしかしたら兄弟車になる可能性もあります。日産、三菱それぞれのファンは、現行モデルが各メーカーオリジナル車を購入できる最後のモデルになるかもしれません。

 

その現行型エクストレイルとアウトランダーには、どんな違いがあるのでしょうか。2018年9月時点に販売されているモデルの最廉価グレードである、エクストレイル 20Sとアウトランダー 20M(ともにFF車)を比較します。

 

※アウトランダーPHEVは除きます。

※エクストレイルの画像は20Xです。

 

 

ボディのスペック比較

日産エクストレイル 20X

 

■エクストレイル 20S(FF)

全長×全幅×全高:4,690mm×1,820mm×1,740mm

ホイールベース:2,705mm

地上最低高:205mm

車両重量:1,450kg

乗車定員:5名

タイヤ:225/65R17

サスペンション:(前)独立懸架ストラット式/(後)独立懸架マルチリンク式

トランスミッション:エクストロニックCVT(無段変速機)

 

■アウトランダー 20M(FF)

全長×全幅×全高:4,695mm×1,810mm×1,710mm

ホイールベース:2,670mm

地上最低高:190mm

車両重量:1,490kg

乗車定員:7名

タイヤ:215/70R16

サスペンション:(前)マクファーソンストラット式/(後)マルチリンク式

トランスミッション:INVECS-III 6速スポーツモード CVT

 

両車のボディスペックは、ホイールベースに35mmの違いがあるものの、ほかはほぼ同じです。ただし、乗車定員はエクストレイル 20Sが5名、アウトランダー 20Mが7名で3列シート仕様です。

 

地上最低高は、エクストレイルが205mm、アウトランダー は190mmで、エクストレイルが15mm上回っています。地上最低高が高いと、雪道でわだちを乗り越えたり、雪の塊をまたぐなどの悪路走行時の実用性が高まります。

 

トランスミッションは、いずれもCVTですが、アウトランダーのみパドルシフトが装備されます。

 

エンジンのスペック比較

日産エクストレイル 20X

■エクストレイル 20S

エンジン:2.0L 直列4気筒DOHC

最高出力:108kW(147ps)/6,000rpm

最大トルク:207Nm(21.1kgm)/4,400rpm

JC08モード燃費:16.4km/L

 

 

■アウトランダー 20M

エンジン:2.0L 直列4気筒SOHC

最高出力:110kW(150ps)/6,000rpm

最大トルク:190Nm(19.4kgm)/4,200rpm

JC08モード燃費:16.0km/L

 

エンジンは、どちらも2.0L 直列4気筒。エクストレイルのMR20DDエンジンは、燃料筒内直接噴射装置と、可変バルブタイミング機構により、熱効率を向上させ、低燃費と高トルクを実現しています。

 

アウトランダー 20Mの4J11エンジン は、可変バルブタイミング機構(MIVEC)を組み合わせ、高出力と高い環境性能を発揮します。

 

スペック上では、エクストレイル 20Sが最大トルクと燃費で勝りますが、大差が生じるほどの違いではなく、ほぼ互角と言って良いでしょう。

 

 

安全装備&運転支援装備比較

日産 エクストレイル 20X プロパイロット 2018

 

■エクストレイル 20Sの主な標準装備

・VDC(ビークルダイナミクスコントロール、キャンセルスイッチ〔TCS機能含む〕)+ブレーキLSD

・インテリジェントエマージェンシーブレーキ

・踏み間違い衝突防止アシスト

・フロント&バックソナー

・LDW(車線逸脱警報)

・進入禁止標識検知

・ヒルスタートアシスト

 

■アウトランダー 20Mの主な標準装備

・e-Assist

  – 衝突被害軽減ブレーキシステム[FCM]

  – 車線逸脱警報システム[LDW]

  – レーダークルーズコントロールシステム[ACC]

  – オートマチックハイビーム[AHB]

  – 誤発進抑制機能(前進&後退時)

・アクティブスタビリティコントロール[ASC]

・SRSサイド&カーテンエアバッグ、運転席SRSニーエアバック

・ヒルスタートアシスト

 

エクストレイル 20Sに標準装備される先進安全装備&運転支援装備は、自動緊急ブレーキの「インテリジェントエマージェンシーブレーキ」、誤発進抑制機能の「踏み間違い衝突防止アシスト」、車線逸脱防止機能「LDW(車線逸脱警報)」、車両姿勢制御装置の「VDC」などが中心になります。

 

アウトランダー 20Mの先進安全装備「e-Assist」には、自動緊急ブレーキ、誤発進抑制機能、車線逸脱防止機能に該当する機能が標準装備。それに加え、エクストレイル 20Sには標準装備のない、「レーダークルーズコントロール(ACC)」と、オートマチックハイビーム[AHB]が標準装備されています。

 

レーダークルーズコントロールが標準装備されるのは、アウトランダーのアドバンテージです。仮に、エクストレイル 20Sでは、オプションでクルーズコントロールを装着しても、レーダー機能がなく、定速でしか走行でません。

 

またオートクルーズコントロールとレーンキーピングアシストの機能を併せ持つ日産自慢の「プロ・パイロット」は、エクストレイル 20Sには装備できません。プロ・パイロットを優先する場合は、上級グレードを選択することになります。

 

 

エクストレイル 20Sとアウトランダー 20Mは、ボディサイズ、エンジン性能ともに互角。安全装備&運転支援装備で、レーダークルーズコントロール、オートマチックハイビーム、SRSサイド&カーテンエアバッグ、運転席SRSニーエアバックを標準搭載しているぶん、アウトランダーが優位という結果になりました。

 

それぞれの車両販売価格は、エクストレイル 20S(FF)が219万7,800円~。アウトランダー 20M(FF)が266万8,680円~です。エクストレイルにプロパイロット装備を望む場合は、上級グレードの20Xi(2,803,680)になります。

 

 

➡三菱アウトランダーの中古車をチェック!

関連記事の一覧に戻る