関連記事

マツダ CX-8 XDとBMW X5 xDrive35d SEのスペック比較!

2018.09.11

マツダ CX-8とBMW X5

マツダ CX-8 XDプロアクティブ 2018

 

この記事では、日本のマツダ CX-8 XDとドイツのBMW X5 xDrive 35d SEのボディスペックやエンジンスペック、そして各種安全装備などを比較します。どちらもSUVタイプの車ですが、違いはどのようなところにあるのでしょうか。

※この記事は2018年8月時点で販売されているモデルについて解説しています。

※CX-8の画像はXD プロアクティブです。

 

 

ボディのスペック比較

マツダ CX-8 XDプロアクティブ 2018

・CX-8 XD 7人乗り FF

全長×全幅×全高:4,900mm×1,840mm×1,730mm

ホイールベース:2,930mm

車両重量:1,860kg

乗車定員:7名

タイヤ:225/65R17

サスペンション:(前)マクファーソンストラット式/(後)マルチリンク式

トランスミッション:6速AT

駆動方式:2WD

 

・X5 xDrive35d SE

全長×全幅×全高:4,910mm×1,940mm×1,760mm

ホイールベース:2,935mm

車両重量:2,200kg

乗車定員:5名

タイヤ:255/55R18

サスペンション:(前)ダブルウィッシュボーン コイルスプリング/(後)インテグラルアーム式 コイルスプリング

トランスミッション:電子油圧制御式8速AT

駆動方式:AWD

 

ボディサイズは、全長、全幅、全高すべてで、X5がCX-8を上回っています。特に全幅は、100mmも広くなっています。とはいえ対するCX-8 でも、1,840mmの全幅なので、日本の道路では決して使い勝手が良いとはいえません。

 

乗車定員は、CX-8が2列目シートにキャプテンシートを採用しているモデルと左右6:4分割可動式のベンチシートのモデルがあり、前者は6名で後者は7名。X5は5名です。

CX-8の駆動方式はFFとAWDの2種類であるのに対して、X5はAWDのみ。FFよりもAWDのほうが悪路走破性や高速安定性に優れていますが、タイヤの消耗(交換スパン)、燃料代を考えたらFFの方が有利です。駆動方式に選択肢があるという点では、CX-8に分があります

 

エンジンのスペック比較

マツダ CX-8 XDプロアクティブ 2018

・CX-8 XD FF

エンジン:2.2L  直列4気筒DOHC 16バルブ直噴ディーゼルターボ

最高出力:140kW(190ps)/ 4,500rpm

最大トルク:450Nm(45.9kgm)/2,000rpm

JC08モード燃費:17.6km/L

WLTCモード燃費:15.8km/L

 

・X5 xDrive35d SE

エンジン:3.0L  直列6気筒DOHCディーゼル ツインパワーターボ

最高出力:190kW(258ps)/4,000rpm

最大トルク:560Nm(57.1kgm)/1,500~3,000rpm

JC08モード燃費:14.0km/L

 

エンジンは、最高出力・最大トルク共にX5のほうが優れています。とくに560Nm の最大トルクをわずか1,500rpmで発生し、2tオーバーのボディを軽々と加速させてくれます。ちなみに、それぞれのパワーウエイトレシオはX5が8.53kg/ps、CX-8が9.79kg/psです。

日本国内の一般道・高速道路事情を考えれば、CX-8でも十分ですから、実用的なスペックでは燃費に優れるCX-8が一歩リードといったところでしょう。

 

 

標準装備される先進安全装備と運転支援装備

 

CX-8 XDとX5 xDrive35d SEに標準装備される機能は、以下のようになります。

●CX-8 XD(FF)の主な安全装備と運転支援装備

・アドバンスト・スマート・シティ・ブレーキ・サポート(アドバンストSCBSSCBS R)&AT誤発進抑制制御[前進時/後退時

・クルーズコントロール

・車線逸脱警報システム(LDWS)

・ブラインド・スポット・モニタリング[※リア・クロス・トラフィック・アラート機能付]

・ドライバー・アテンション・アラート(DAA)

・頸部衝撃緩和フロントシート

・後退抑制ブレーキペダル

・アクティブボンネット(歩行者保護システム)

・電子制御制動力配分システム(EBS)

・エマージェンシー・シグナル・システム(ESS)

・セカンドISOFIX対応チャイルドシート固定ロアアンカレッジ(左右席)&トップテザーアンカレッジ(左右席)

・SRSエアバックシステム(フロント/セカンド/サードシート)&フロントサイド

・プリテンショナー&ロードリミッター機構付きELR3点式×2(フロントシート/セカンドシート左右席)

・リアパーキングセンサー(センター/コーナー)

・ハイ・ビーム・コントロールシステム

・ヒル・ローンチ・アシスト(HLA)

・ダイナミック・スタビリティ・コントロールシステム[横滑り防止機構](DSC)&トラクション・コントロール・システム(TCS)

 

●BMW X5 xDrive35d SEの主な安全装備と運転支援装備

・運転席&助手席エアバック/運転席&助手席サイド・エアバック/カーテン・ヘッド・エアバック(フロント&リヤ)

・ISOFIXチャイルドシート・アタッチメント(リヤ)

・ABS/アンチロック・ブレーキング・システム

・ASC/オートマティック・スタビリティ・コントロール

・DSC/ダイナミック・スタビリティ・コントロール

・CBC/コーナーリング・ブレーキ・コントロール

・DTC/ダイナミック・トラクション・コントロール

・DBC/ダイナビック・ブレーキコントロール

・HBC/ヒル・ディセント・コントロール

・ADB-X/オートマティック・ディファレンシャル・ブレーキ

・アダプティブ・ヘッドライト(バリアブル・ライト・コントロール機能)

・ダイナミック・ブレーキ・ライト(ブレーキ・ライト点滅機能)

・PDC/パーク・ディスタンス・コントロール(フロント・リア、ビジュアル表示機能付)

・リヤ・ビュー・カメラ(予想進路表示機能付)

・サイド・ビュー・カメラ

・ドライビング・アシスト・プラス

 - ACC/アクティブ・クルーズ・コントロール(ストップ&ゴー機能付)

 - レーン・ディパーチャー・ウォーニング(車線逸脱警報システム)

 - 前者接近警告機能

 - 衝突回避・被害軽減ブレーキ

・レーン・チェンジ・ウォーニング

・アクティブ・プロテクション

・ボタン式パーキング・ブレーキ

・ロールオーバー・センター

・BMWコネクテッド・ドライブ・スタンダード

・セントラル・ロッキング・システム(クラッシュ・センサー付き)

・車両接近通知装置

・タイヤ空気圧警告システム

 

 

同じサイズのボディを持ったクロスオーバーSUVですが、その価格差は約600万円。エンジンを始め、安全装備、運転支援機能に大きな差があるのは、致し方ないところです。また細部のフィニッシュでも、BMW X5が上回ります。

とはいえ、最大7名乗車ができる室内、好燃費、扱いやすさを求めるのであれば、CX-8 XDがおすすめです。

 

 

➡CX-8を探す

➡BMW X5の中古車を探す

関連記事の一覧に戻る