関連記事

ホンダ ヴェゼルと三菱 RVRのスペックを比較!

2018.09.25

ホンダ ヴェゼルと三菱 RVR

ホンダ ヴェゼル G ホンダセンシング 2018

 

人気のコンパクトクロスオーバーSUVのなかにあって、フィットベースのホンダ ヴェゼルとギャランフォルティスベースの三菱 RVRはベース車こそコンパクトハッチとミドルサイズセダンと異なりますが、価格帯の近いライバルです

 

それぞれ現行モデルのデビューは、ヴェゼル2013年12月、RVRは2010年2月と3年近い差がありますこの差はの、市販車にどう影響しているのでしょうか。この記事では2018年8月時点で発売されているガソリンモデルの、ヴェゼルG Honda SENSING(FF)と、RVR M(FF)比較します。

 

 

ボディのスペック比較

 

まずはボディスペックを比較してみます。

 

ホンダ ヴェゼル G ホンダセンシング 2018

■ヴェゼル G(FF)

全長×全幅×全高:4,330mm×1,770mm×1,605mm

ホイールベース:2,610mm

車両重量:1,180kg

乗車定員:5名

タイヤ:215/60R16 95H

サスペンション:(前)マクファーソン式(スタビライザー付)/(後)トーションビーム

トランスミッション:無段変速オートマチック(トルクコンバーター付)

 

■RVR M(FF)

全長×全幅×全高:4,365mm×1,770mm×1,630mm

ホイールベース:2,670mm

車両重量:1,350kg

乗車定員:5名

タイヤ:215/65R16

サスペンション:(前)マクファーソンストラット式/(後)マルチリンク式

トランスミッション:INVECS-III CVT

 

ボディサイズは全長、全高ともにヴェゼル若干下回り、ホイールベースも60mm短い設計です。これは、ベースのシャシーがコンパクトカーかセダンかの違いによるものでしょう。

 

ただし、車重はヴェゼルが170kg軽くなっており、燃費性能にも影響しそうです。この点はホンダの軽量化技術の高さが伺えます。

 

 

エンジンのスペック比較

 

次にエンジンを比較してみます。どちらも使用燃料はレギュラーガソリンです。

 

ホンダ ヴェゼル G ホンダセンシング 2018

 

■ヴェゼル G(FF)

エンジン:1.5L 直列4気筒DOHC

最高出力:96kW(131ps)/6,600rpm

最大トルク:155Nm(15.8kgm)/4,600rpm

JC08モード燃費:21.2km/L

 

■RVR M(FF)

エンジン:1.8L 直列4気筒SOHC

最高出力:102kW(139ps)/6,000rpm

最大トルク:172Nm(17.5kgm)/4,200rpm

JC08モード燃費:15.4km/L

 

ヴェゼル Gのエンジンは可変バルブ機構のVTEC-iを備えた直噴式です。一方RVR Mのエンジンは可変バルブ機構のMIVECを備えたSOHCで、直噴式ではありません。排気量が大きなRVR Mのエンジンは最大トルクで勝りますが、燃費ではヴェゼルGに5.8km/Lと大きく離されています。この点は、軽量な車重と直噴式のたまものと言えます。

 

 

先進安全装備&運転支援装備比較

 

次に先進安全装備や運転支援装備を比較してみます。

 

ホンダ ヴェゼル G ホンダセンシング 2018

 

■ヴェゼル Gの主な先進安全装備&運転支援装備

・Honda SENSING

  – 衝突軽減ブレーキ[CMBS]

  – 誤発進抑制機能

  – 歩行者事故低減ステアリング

  – 路外逸脱抑制機能

  – ACC(アダプティブ・クルーズ・コントロール)

  – LKAS(車線維持支援システム)

  – 先行車発進お知らせ機能

  – 標識認識機能

・エコアシスト

・アイドリングストップシステム

・オートライトコントロール

・VSA

・モーションアダプティブEPS

・ヒルスタートアシスト機能

・オートブレーキホールド機能

 

■RVR Mの主な先進安全装備&運転支援装備

・e-Assist

 衝突被害軽減ブレーキシステム[FCM

 車線逸脱警報システム[LDW

 オートマチックハイビーム[AHB

  側方車両検知警報システム(レーンチェンジアシスト機能付)BSWLCA

  後退時車両検知警報システム[RCTA

・エマージェンシーストップシグナルシステム

・アクティブスタビリティコントロール [ASC]+ヒルスタートアシスト

・衝突安全強化ボディ  RISE

 

ヴェゼルは、国の進めるセーフティサポートカーのサポカーS〈ベーシック+〉、RVRはサポカーに該当する安全装備を備えています。RVRのクルーズコントロールは、上級グレードにあたるGのみ、誤発進抑制機能は用意されません。

 

上位モデルのアウトランダーe-Assistには、レーダークルーズコントロールシステム(ACC)と誤発進抑制機能(前進&後退時)わっていますので、早期の機能充実を期待したいところです。

 

ホンダ ヴェゼル G ホンダセンシング 2018

 

最後に車両販売価格ですが、ヴェゼル Gは207万5,000円~、RVRは205万8,480円~と、ほぼ同額です。車体の設計年度装備される安全&運転支援機能、環境性能、リセールバリューなどを考慮すると、ヴェゼル Gのほうがお得感は高いでしょう

関連記事の一覧に戻る