関連記事

ホンダ ヴェゼルってどんなクルマ?

2018.09.12

ホンダ ヴェゼル

ホンダ ヴェゼル ハイブリッドZ・ホンダセンシング 2018

 

国産コンパクトクロスオーバーSUV市場を開拓したホンダ ヴェゼル。SUV人気に後押しされ、発売翌年から3年連続SUV新車販売台数1位を記録しました。2018年2月マイナーチェンジでは、フェイスリフトとホンダセンシングの標準化などを実施しました。ホンダ ヴェゼルとはどのようなクルマなのでしょうか。

※2018年9月時点で販売されているモデルについて解説します。

 

 

ホンダ ヴェゼルってどんなクルマ?

ホンダ ヴェゼル G ホンダセンシング 2018

 

ホンダ ヴェゼルは2013年12月発売されたモデルですそのコンセプトモデルは2013年はじめに開催された北米国際自動車ショーで公開。ホンダ独自のセンタータンクレイアウトを活用したコンパクトシリーズの1機種としてアナウンスされました

 

フィットのシャシーを活かしたヴェゼルは、ミニバンの使いやすさとクーペのパーソナル感にSUVの力強さと安心感を融合したクロスオーバーSUVとしてデビュー。当初から、ホンダ独自のハイブリッドシステム“SPORT HYBRID i-DCD”モデルも用意し、一躍人気車種となりました。

 

2015年4月には一部改良を実施。4WDモデルをラインナップに追加すると同時に、全車ガラスやエアコンの仕様向上、FF車のリアサスペンションに振幅感応型ダンパーを搭載するなどの改良が行われました。

 

また2016年2月は、安全運転支援システムであるホンダセンシング搭載車を設定。4WD車のリアサスペンションにも振幅感応型ダンパーが標準装備されました。

 

2018年2月のマイナーチェンジではフロントグリル、バンパーのデザイン変更と、インラインタイプのLEDヘッドライトを採用するなど、フェイスリフトを実施。ホンダセンシングは、全タイプに標準装備となりました。

 

 

用意されているグレード

 

 

現在のグレード体系はハイブリッド車に4グレード、ガソリン車に3グレードす。

 

 

ハイブリッド車のグレード

ホンダ ヴェゼル ハイブリッドZ・ホンダセンシング 2018

 

ハイブリッド車は、下からHYBRID Honda SENSINGHYBRID X Honda SENSING、HYBRID Z Honda SENSING、スポーツグレードのHYBRID RS Honda SENSINGが用意されます。

 

グレードの違いはおもに装備品で、HYBRID X には16インチアルミホイール、本革巻きステアリング、ハロゲンフォグライト、自動防眩ルームミラーなどが標準装備ですが、HYBRIDでは省かれます。

 

またHYBRID Zでは、フォグライトがLEDとなるほか、専用インテリア、リバース連動助手席側ドアミラー、ルーフレール(FFのみ4WDはオプション)、パフォマンスダンパーにくわえ、ホイールは17インチのアルミが標準装備。運転席8ウェイパワーシート+助手席4ウェイパワーシートは、オプションで用意されます。

 

スポーツグレードHYBRID RSは、専用の内外装にRS専用パフォーマンスダンパー、雨滴感知式フロントワイパー、18インチアルミホイールなどが標準装備となっています。

 

各グレード価格は次の通りです。

HYBRID Honda SENSING(FF)2,460,000円(4WD)2,676,000円

HYBRID X Honda SENSING(FF)2,539,000円/(4WD)2,755,000円

HYBRID Z Honda SENSING(FF)2,710,000円/(4WD)2,926,000円

HYBRID RS Honda SENSING(FF)2,810,000円

 

 

ガソリン車のグレード

 

ガソリン車は、下からG、X、RSの3グレード構成で、GとXはオーディオレスが標準になります。またエアコンは左右独立の温度コントロールが省かれ、運転支援システムの車両接近装置通報は搭載されません。

 

その他、GとXの違いは、ハイブリッドのHYBRIDHYBRID Xと共通。RSは、専用内外装に18インチアルミホイールなどはもHYBRID RS同様、ナビ装着用スペシャルパッケージ+ETC車載器(ハイブリッドでは標準装備)も装備されます。

 

各グレードの価格は次の通りです。

G・Honda SENSING:(FF)2,075,000円/(4WD)2,291,000円

X・Honda SENSING(FF)2,165,000円/(4WD)2,381,000円

RS・Honda SENSING :(FF)2,475,000円

 

 

エクステリアの特長

 

サイドガラスを境にしてエクステリアデザインは上下で大きく変化します。タイヤを含む下回りは力強いブリスターフェンダーが目を惹くSUVスタイルで、サイドガラスより上のキャビン周りはルーフラインの美しいクーペスタイルです。ヴェゼルのエクステリアはSUVの力強さとクーペの艶やかさを融合させたスタイルが特徴です。

 

また全長4,330mm、全幅1,770mm、全高1,605mmとコンパクトなサイズで取り回しが良いのも特徴です。

 

 

インテリアの特長

ホンダ ヴェゼル G ホンダセンシング 2018

 

ドライバーが相対するインパネは、瞬間認知と直感動作によってデザインされ、操作性を高めています。全車標準装備のフルオートエアコンは、助手席側の送風口を大きくしたワイドフローエアコンとし、室内を温度を効率よく調整します。

 

ホンダ ヴェゼル G ホンダセンシング 2018

 

また後部座席、コンパクトクロスオーバーSUVながら、ミニバンと同等のゆとりと快適性を実現。身長185cmの人がゆったり座れることを前提に設計されています

 

座面の高さは、さまざまな体格の方が乗り降りしやすい位置に設定。ゆとりある頭上空間とともに、乗降性を高めています。

 

後部座席はチップアップとダイブダウン機構付の6:4分割可倒式です。後部座席を倒せば、シートバックはラゲッジフロアとフラットにつながり大きな荷物も積載可能。

 

またチップアップで座面を上げると後部座席の足元スペースをフル活用でき、シューズの履き替えも可能です。

 

 

パワートレイン

 

パワートレインは、ハイブリッド車が1.5L 4気筒ガソリンエンジン+モーター、ガソリン車は1.5L 4気筒になります。それぞれのスペックは次の通りです。

 

ホンダ ヴェゼル ハイブリッドZ・ホンダセンシング 2018

 

ハイブリッドシステム(HYBRID・Honda SENSING FF)

エンジン:1.5L 直列4気筒DOHC+モーター

最高出力:97kW(132ps)/6,600rpm

最大トルク:156Nm(15.9kgfm)/4,600rpm

モーター最高出力:22kW(29.5ps)/1,313~2,000rpm

モーター最大トルク:160Nm(16.3kgm)/0~1,313rpm

JC08モード燃費:27km/L

 

ホンダ ヴェゼル G ホンダセンシング 2018

 

ガソリンエンジン(G・Honda SENSING FF)

エンジン:1.5L 直列4気筒DOHC

最高出力:96kW(131ps)/6,600rpm

最大トルク:155Nm(15.8kgfm)/4,600rpm

JC08モード燃費:21.2km/L

 

 

世界中で大人気の都市型SUVに、 コンパクトでミニバン並みに使い勝手のよい実用性を上手にプラスしたヴェゼル。ハイブリッドの燃費の良さも手伝って、発売から5年が経過しても、高い人気を維持している注目の1台です。

関連記事の一覧に戻る